MEO対策

月額0円のMEO対策とは?

「MEO対策が大切だ!」と聞いたことはあるものの、「そもそもMEO対策って何?」と感じている方も多いのではないでしょうか?
実は、Googleマイビジネスページを「しっかりとポイントをおさえた上で運用」すれば、完全に無料でもMEO対策を行うことができます。

そもそもMEO対策って何?

Googleでは、駅名や都市名などの地名を含むキーワードで検索した際、通常の検索結果よりも上位に表示されるエリアがあります。

ここには検索結果に該当する店舗や施設などがわかりやすく表示されるため、目的に合った場所を訪問しようとしているユーザーに対して高い宣伝効果が見込めます。

この集客に特化したGoogleが公式に提供する比較的新しい機能を利用して、ご自身のビジネスをアピールするには、「Googleマイビジネスページ」の初期構築が必要不可欠となり、このGoogleマイビジネスページの戦略的な構築&運用をMEO対策といいます。

Googleマイビジネスにあなたのビジネスを登録し、しっかりとMEO対策を行うと、Googleの地図上にもあなたのビジネス情報が登録されるので、Googleサーチエンジンからの集客に加え、現在国内のアプリ利用者数第2位のGoogleマップアプリからの集客も可能となります。

MEO対策は基本無料です

Googleマイビジネスページは、アカウント登録も毎月の掲載費もかからない完全無料の媒体ですが、料金プランを表示させたり、商品・キャンペーン情報を掲載できるだけでなく、電話や道案内などもダイレクトに操作することができるのでユーザーにとっても使い勝手がよく、利用者数はどんどん増え続けています。

使用方法もパソコン・スマホどちらからでも管理可能で、まるでFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSのように簡単に新着情報をアップすることができます。

実は、Googleマイビジネスページを「しっかりとポイントをおさえた上で運用」すれば、完全に無料でもMEO対策を行うことができます。

下記ではライバル店に差をつける効果的なMEO対策
(Googleマイビジネスページの運用)のポイントをご紹介します。

ライバル店に差をつけるMEO対策のポイントとは?

1:必ず正しいビジネス情報を入力する

Googleは基本的に看板と同じ名前を登録するように推奨しています。

昔はよくキーワードを入れると上位表示されるなどと言われていましたよね。今でもたまに入れている店舗を見かけますが、この行為、非常に短期的思考であり、かなり危険です。現在は厳しくなっているのでNG店名を入れたままにしておくとアカウントが凍結されることもあります。

実際にアカウントが凍結してしまった後に相談されるお客様もいますが、復旧にはかなりの時間を要する、もしくは復旧できないこともあります。

確かに一時的には上位に表示されるかもしれませんが、あなたのビジネスが一時的かつ安易なビジネスでない限りおすすめしません。

2:キーワードを意識する

MEOもSEOと同様に総合的に評価されます。ビジネス名にキーワードを盛り込むことは違反行為となりますが、マイビジネス ページを「運用」していく上でキーワードを意識することは大切です。

具体的には、投稿やサービス・商品内容。ホームページ内でもキーワードを意識しましょう。お客様のコメント内容もGoogleの判断基準となっていますので、ご来店いただいたお客様には、積極的に口コミの投稿をお願いしましょう!

3:バーチャルツアーに申込む

日本ではHPの滞在時間ばかり気にしている方が多いですが、同等、もしくはそれ以上閲覧されるMEOページの滞在時間もしっかりと意識することが大切です。

既にGoogleマイビジネスページをお持ちの方は、管理画面にGoogleバーチャルツアーに関する通知があることにお気づきではないでしょうか?滞在時間を伸ばす方法としてお勧め、かつ実績のある方法が「バーチャルツアー(Googleストリートビュー)への申込み」となります。

MEO対策は、コンテンツに対する充実度が肝要である上に、結局は「Googleが推奨している事を行うこと」「Googleの規定通り運用すること」が1番のMEO対策となるのです。