BLOG

NEXT INNOVATION

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Googleマイビジネス
  4. 【Googleマイビジネスの「ウェブサイト」とは?】無料でホームページを作ろう!
【Googleマイビジネスの「ウェブサイト」とは?】無料でホームページを作ろう!

【Googleマイビジネスの「ウェブサイト」とは?】無料でホームページを作ろう!

 

こんにちは!NEXTちゃんです📸❤️

Googleマイビジネスには無料で作れるウェブサイトという機能があります!
この機能を使えば無料でホームページが作成出来て、ホームページをまだ持っていないオーナー様からすると、とても有り難い機能かなと思います。

なので今回は…

✔︎Googleマイビジネスのウェブサイト機能とは?
✔︎ウェブサイト機能のメリット
✔︎ウェブサイト機能のデメリット
✔︎Googleマイビジネスのウェブサイトの作成方法

上記の内容をお伝えしたいと思います!

それでは早速行ってみましょう!!

Googleマイビジネスのウェブサイト機能とは?

Googleマイビジネスを既に持っている方はたくさんいるかと思いますが、その項目の中に【ウェブサイト】というものがあるのご存知でしたか?

この機能を使えば無料でウェブサイトが作れます。
こちらを利用すれば、簡単に自分好みのWebサイト作成出来るようになっております。内容もシンプルで誰でも簡単に操作ができるようになっているので、自分の店舗のWebサイトを持っておらず、作成するのにも費用をかけたくない方は是非一度作成をしてみて下さい。

ウェブサイト機能のメリット

ウェブサイト機能を使うメリットは下記のとおり。

その①:無料で使える

ウェブサイト機能は無料で使うことができるので、ホームページに経費をかける余裕がない場合でも気軽に作ることができます。

その②:知識やスキルがいらない

クオリティにこだわらなく「とりあえずあるだけで良い!」というレベルであれば問題なく運用できます。

他でホームページを作る場合は多少知識とスキルがいりますが、Googleマイビジネスのウェブサイトなら簡単にホームページが作ることができます。

その③:デザイン変更ができる

Googleマイビジネスのウェブサイトは「テーマ」や「写真」などの機能でかんたんにデザインを変更することもできます。

ウェブサイト機能のデメリット

ウェブサイト機能は簡易的に作れますが、デメリットもあります。

その①:自由にカスタマイズできない

ウェブサイト機能で作成できるのは1ページのみです。
ある程度、テーマを選んだり写真や投稿を入れたりと簡単に作れる分、カスタマイズ性は低いです。

自由にレイアウトをいじって、思い通りのデザインにしたいという場合にはあまり向いていません。

その②:SEO対策には効果がない

SEO対策するにもページのボリュームがないので、上位表示は不可能に近いです。

ホームページで集客もしっかり行なって、露出度を上げていきたいというオーナー様であれば、しっかりとしたホームページ作ることをおすすめします。

その③:無料だと自由なドメインにできない

無料版のGoogleマイビジネスのウェブサイトURLはドメインの語尾に「business.site」が付きます。
Googleからドメインを借りている状態なので自由なドメインに設定することができません。

ですが、有料/年でドメイン料金を払うと、ドメインの語尾を「.com 」「.net 」 など自由に選ぶことができます。

Googleマイビジネスのウェブサイトの作成方法

Googleマイビジネスに登録

Googleマイビジネスへ登録をしないと使えない機能ですので、まだ登録できていない場合は登録をしましょう。

Googleマイビジネスの登録について詳しく書いた記事がありますので、よくわからないという方はこちらも見て見てくださいね♪

 

マイビジネスが登録できたら、マイビジネスにログインします。

「ウェブサイト」をクリック。

そうすると、数秒待つとGoogleマイビジネスが自動で動き出してホームページを作成する段階に入ります。

作成ができたら、ここからデザインや写真などの変更などができます。

テーマをクリックすると、色々なテンプレートが表示されるので、気に入ったテンプレートを選んで下さい。

出来たら、右上の「公開」ボタンを押せばウェブ上に公開されます。

Googleの無料ホームページに表示される営業時間や電話番号、住所、ビジネス名、カテゴリなどはすべてGoogleマイビジネス上で入力された情報がそのまま反映されます。

マイビジネス内で情報を編集すれば、ホームページ内でも自動的に編集した情報が反映されるので、内容を変更する場合はGoogleマイビジネスの「情報」という欄で、更新しましょう!

関連記事