BLOG

NEXT INNOVATION

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Googleマイビジネス
  4. 【Google広告とは?】広告の種類や費用について
【Google広告とは?】広告の種類や費用について

【Google広告とは?】広告の種類や費用について

 

こんにちは!NEXTちゃんです📸❤️

Google広告ってなに?と気になってはいるけど、

・どんな広告なの?
・費用はどのくらい掛かるの?

など疑問がありなかなか手が出せないオーナー様も少なくはないでしょう。

なので今回は、

✔︎Google広告とは
✔︎Google広告の種類
✔︎Google広告費用

上記の内容をお伝えしたいと思います。

それでは早速行ってみましょう!

Google広告とは

Google広告とは、Googleが運営している広告出稿サービスです。
広告料を払うことで、通常のGoogleの検索結果よりも上位に表示することができます。
Googleの広告枠やYoutubeなどにもGoogle広告は出稿でき、クリックされることで料金が発生する有料のサービスです。

Google広告の種類

掲載される場所や形態などによって、5つの種類に分けられます。

Google検索広告

Google検索広告は、Googleで検索した際に検索結果画面に表示される広告のことで、検索キーワードに応じて広告が出稿されます。

キーワードで検索したユーザーに対して広告を掲載したい方におすすめです。
検索結果の上部と下部に掲載されます。

テキスト文(リンク)をクリックされることで、課金されます。

Googleディスプレイ広告

Googleディスプレイ広告は、Webサイト内のサイドバーなどGoogleの広告枠に、興味をもった特定のキーワードに反応するリスティング広告とは仕組みが異なり、幅広いターゲットに向けて広告を表示できるサービスです。
画像や動画を使って視覚的なアプローチができるのが、テキストのみのリスティング広告との違いです。

YouTube広告

YouTube広告は、YouTube内に掲載できる広告です。
動画再生中に配信できるのが特徴で、動画がクリックされた時、または視聴された時に課金されます。

Googleショッピング広告

Googleショッピング広告は、商品の写真・商品名・価格などを表示して、商品ページへと誘導できる広告です。
写真が載せられるのでテキスト広告では伝えられない商品の特徴が伝えやすいです。
商品を詳しく紹介できるため、ECサイト向けの広告としておすすめです。
商品をクリックされることで、課金されます。

アプリのインストール広告

スマートフォンなどのモバイル端末向けの広告で、アプリのインストールを目的としています。
Googleの検索結果画面やGoogleディスプレイなどに表示されます。
アプリがインストールされると課金されます。

Google広告費用

Google広告は、費用を多く掛けないと出稿できないという広告プランではなく、全ての広告主の予算に対応できるような報酬体型となっています。

具体的には、広告の1回のクリック単価(=CPC)または、表示回数1,000回あたりの単価(=CPM)に基づいて費用を支払うシステムになっております。

なので、予算に上限があっても出稿でき、成果報酬となってるので無理なくでき、無駄な広告費にはなりません。

 

このようにGoogle広告は、掲載される場所や形態によって種類が変わります。
また、広告費は高いイメージがあって今まで広告など掲載したことないという方でも始めやすいのが特徴なので検討してみるのもおすすめです♪

関連記事