BLOG

NEXT INNOVATION

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Googleマイビジネス
  4. 【マイビジネスの目的別】使い方4つ①
【マイビジネスの目的別】使い方4つ①

【マイビジネスの目的別】使い方4つ①

 

こんにちは!NEXTちゃんです📸❤️

今回は、マイビジネスの目的別 使い方4つの①をお伝えします!

ページの最後に、動画でもやり方を載せますので是非最後までご覧ください♪

それでは、早速行ってみましょう〜

マイビジネスの目的別 使い方4つ①

使い方1:新規顧客を獲得する
使い方2:ユーザーと関係性を強化し、ファンを増やす
使い方3:Googleマイビジネスへのアクションを確認する
使い方4:Googleマイビジネス管理画面を管理する

1〜3はGoogleマイビジネスを使うことで実現できること、
4はGoogleマイビジネス自体を管理していくことです。

使い方1:新規顧客を獲得する

これは、「ナレッジパネルの情報を充実・魅力的にさせる使い方」「有料の広告で新規顧客を獲得する使い方」の2つを指します。

ナレッジパネルを充実・魅力的にさせることで、ユーザーが、あなたの店舗と競合店を比較したときに、競合店よりも優位に立てます。

具体的には、管理画面上で下記の4つのメニューを操作して、ナレッジパネルを充実させていきます。

1、情報(ビジネス情報)
2、投稿
3、写真
4、ウェブサイト

①「情報(ビジネス情報)」で店舗・企業情報を伝える

新規顧客を獲得するための使い方、1つ目は、情報(ビジネス情報)というメニューです。

ここでは、店舗名・企業名、住所、営業時間、祝日などの休業日、電話番号、ウェブサイトURLなどを登録します。

これらの情報は、ユーザーに店舗を知ってもらうために、当然、正しい営業時間やお問い合わせ先、住所を設定して置かなければいけません。
漏れなく・正しく入力しておきましょう。

②「投稿」でアピールしたい情報を発信する

新規顧客を獲得するための使い方、2つ目は、投稿というメニューです。

投稿は、いますぐアピールしたい魅力的な情報を、ナレッジパネルへ表示させる機能です。

ご覧のように、投稿した内容は、ナレッジパネルの中でも大きく表示されて目立ちます。

この目立つ場所に、魅力的な情報(写真・テキスト)を掲載することで、ユーザーに強くアピールでき、非常に効果的です。

例えば、次のような使い方をすることで、ユーザーを惹きつけることができます。

・毎朝、本日のおすすめメニューを投稿する
・新着商品を入荷したことを投稿する
・キャンペーン開始日にキャンペーン情報を投稿する
・クーポンを投稿する
・セミナーの開催告知を投稿する

③「写真」で店舗の魅力・雰囲気を伝える

新規顧客を獲得するための使い方、3つ目は、写真というメニューです。

写真は、店舗の魅力・店舗の雰囲気を伝えるために、必ず活用すべきメニューです。

ナレッジパネルの写真部分をクリックされると、Googleマイビジネスに登録している写真や、一般ユーザーが投稿してきた写真などが一覧で表示されます。

例えば、あなたが、六本木で寿司屋さんを探しているとします。
「寿司屋 六本木」で検索して表示された検索結果の内、A店とB店のナレッジパネルを閲覧したとき、以下のような写真が表示されたら、あなたはどちらの店舗に行きたくなるでしょうか?

A店
・店舗の外観写真
・個室の写真
・店主とスタッフの笑顔の写真
・お寿司のアップ写真
・カウンターの写真 など

B店
・店舗の外観写真
・お寿司のアップ写真

私なら、A店に行ってみようかな、と思います。(写真だけで決めるわけではありませんが)
このように、写真は、ユーザーの目と興味を引きつけ、店舗の魅力を伝える重要な手段です。

他にも、Googleの公式ヘルプには、写真が掲載されている場合、「店舗への経路が検索される回数が42%、ウェブサイトへのリンクがクリックされる回数が35%増加します」というデータも記載されており、写真が効果的であることがわかります。
また、効果的な写真と、写真撮影のヒントも掲載されています。

店舗外観・内観の写真はもちろん、「経営陣や従業員の写真を少なくとも3枚」という具体的な説明で解説されています。
スタッフの人となりや雰囲気、アットホーム感を感じ取ってもらえるなどの効果がありそうです。

④「ウェブサイト」で無料のウェブページを作成する

新規顧客を獲得するための使い方、4つ目は、ウェブサイトというメニューです。

この項目は、ウェブサイトをお持ちでない店舗・企業のための機能です。
ウェブサイトを持っていない店舗は、ユーザーから「ウェブサイトへのリンクが無い…このお店、大丈夫かな?…」と思われてしまいかねません。
それを回避するための機能です。
この機能を活用することで、無料で1ページだけ、ウェブページを作成できます。

1ページだけとはいえ、ユーザーへの印象は良いはずですので、ウェブサイトをお持ちでない場合は、作成しましょう。

ただし、無料だけあって、好きなようにデザインして充実したページを作成できるわけではありません。
Googleが用意しているテンプレート・フォーマットから選択して、その中に情報を設定して、作成するイメージです。

作成・設定することで、ナレッジパネルの「ウェブサイト」をクリックされたときに、作成したウェブページを表示できます。

関連記事