BLOG

NEXT INNOVATION

  1. HOME
  2. ブログ
  3. MEO対策
  4. 【動画マーケティングとは?】メリット・デメリットを解説!
【動画マーケティングとは?】メリット・デメリットを解説!

【動画マーケティングとは?】メリット・デメリットを解説!

 

こんにちは!NEXTちゃんです📸❤️

業界やメディアを問わず、なにかと話題の動画マーケティング。
動画に興味があるけど、何から始めれば良いかわからない……自社でも動画を用いたマーケティングを始めてみたい!と考えてるオーナー様も多いと思います。

なので、今回は、

✔︎動画マーケティングとは?
✔︎動画マーケティングの目的
✔︎動画マーケティングのメリット・デメリット

こちらの内容をお伝えしたいと思います✨

私たちは長年の動画ノウハウや経験豊かなスタッフによりお客様の動画マーケティング戦略を達成するための最適な動画制作をしてきたので、なんでも相談してくださいって感じです♩

それでは早速いってみましょう〜

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは、映像コンテンツをインターネット上で用いることで、ユーザーに対して、商品やサービスの関心を高めることを目的としたマーケティング方法です。

動画は文字よりも情報が伝わりやすいので、マーケティングに動画を用いることで、より幅広い層に向けて自社商品やサービスなどの魅力をわかりやすく伝えられます。

また、YouTubeやInstagramといった、SNSの普及も進んでいるので動画コンテンツも拡散しやすくなっており、動画マーケティングは効果的な手法のひとつとして、どんどん需要が増しています。

動画マーケティングの目的

動画マーケティグはいまや多くの企業や店舗で取り入れられています。
その理由は、動画マーケティングをやり始めた事で効果が実感できたから。

動画マーケティングを行う主な目的には、以下の3つ。

その①:周知・認知度をUP
その②:商品やサービスの魅力を伝えイメージUP
その③:売り上げのUP

それぞれ詳しく解説します。

その①:周知・認知度をUP

まず一つ目は、認知度をUPさせる事です。

どんなに優れた商品やサービスを提供していても、それを顧客に見つけてもらえなければ意味がありません。ひと目で商品の内容や特徴がわかるような動画を入れることで会社や商品、サービスの認知度を高められます。

また、動画は拡散されやすいのも特徴なので、動画を気軽に見れるYouTubeやInstagramといったSNSが普及したことで、動画コンテンツが再生されやすくなり見つけてもらえる確率がUPできます!

魅力的な動画を投稿できれば、それを見た視聴者によって拡散されて色々な人の目に留まり、場合によっては自社でも予想していなかったほどの広がりを見せて、高い広告効果をもたらすこともあります!

その②:商品やサービスの魅力を伝えイメージUP

二つ目は、商品やサービスの魅力をわかりやすく伝えられることです。

動画には、文章で伝えるのが難しいイメージや雰囲気などを伝える力があります。
商品やサービスの使用方法を動画で解説することは、ユーザーの理解度を高めることにもつながるので、より商品やサービスに魅力を感じられるようになるのです。

その③:売り上げのUP

三つ目の目的は、商品購入や売り上げのUPにつながることです。

動画で商品やサービスの魅力を伝え、使用方法を解説して、顧客自身が使用しているところをイメージさせることで、購入してみようかな!と思います。
実際に、商品の紹介動画を視聴した人と視聴していない人では、動画を見た人は見ていない人に比べて購入意欲が高いと結果もあります。
なので、動画マーケティングは商品の購入や売り上げUPを促進するのに適した方法であると考えられるのです。

動画マーケティングのメリット・デメリット

動画ならではの拡散力や情報伝達力を利用することで、あらゆる効果が期待できるとわかりました。
続いて、動画マーケティグのメリットとデメリットです。

動画を活用するにあたり、メリットだけでなくデメリットも確認したうえで動画マーケティングをどのようにして導入するかを考えましょう。

動画マーケティングのメリット

文字で伝えるより多くの情報が伝えられる

動画は、文字や静止画に比べて圧倒的に多くの情報を短時間で伝えられます。

例えば、文字で書かれたレシピを読むだけではなかなか手順ややり方を理解できなかったとしても、実際に料理をしている動画を見れば、大まかな手順ややり方がわかると思います。
このように、ただ文字を読むだけに比べると、一度動画を見たときの方が短時間で情報を明確につかめます。

MEO効果も期待できる

Googleマイビジネスに動画を投稿する事で、Google側が動画の再生維持率などを価値のあるコンテンツとみなされて、上位表示が期待できます。
ターゲット層が求める魅力的で質の高い動画を制作し、マイビジネスに投稿すれば新しい顧客に出会える可能性があるのです。

視覚や聴覚で魅力が伝わりやすい

動画は視覚や聴覚に訴えることで、魅力を適切に伝えられます。
店舗や商品、サービスなどによって文章だけでは難しいイメージや雰囲気、ニュアンスの違いなど魅力を伝えることはとても難しいです。

一方、動画は文字だけでなく映像・音などを用いることで、抽象的なイメージであっても伝わりやすいという特徴がある為、一度動画を見ただけでも印象に残せるので視聴者が商品やサービスのことを思い出すきっかけを増やし、継続的に魅力を伝えることにつながるのです。

動画マーケティングのデメリット

自社で動画制作できる人がいない

自社に動画制作できる人がいないとなると、動画マーケティングをする際のデメリットになり得ます。

動画制作の知識やノウハウを持った人がいなければ、動画マーケティングを始めるにも何から始めれば良いかわからなくなりがちです。

制作会社に依頼するとコストが高くなる

自社でやるのは難しいと思い、制作会社に動画制作依頼をすると、コストが高くなる傾向にあります。
動画制作には、以下のような費用がかかります。

・人件費
・企画構成費
・撮映費
・編集費
・納品費 など

条件によって制作費は大きく変動します。
これは動画にどのくらいのクオリティを要求するかによって大きく変わってきますが、動画の元となる素材はすべて自社で準備して編集だけ依頼するのであれば10万円から20万円程度で動画制作が可能です。

一方でもう少しハイクオリティな動画が欲しいという場合には50万円前後から100円が相場ですので、十分な予算を確保しなければならないことは、動画マーケティングのデメリットになり得るのです。

ですが、弊社NEXTINNOVATIONは制作単価が最低3万円からという驚異的な低価格を実現し、他者と比較しても業界最高クラスのコストパフォーマンスを誇ります。
撮影に関しても代理店を通さない直接取引であるため大幅なコストダウンが可能となり、相場の4割程で高品質な映像を提供しています!
気になる方は是非お問い合わせだけでもしてみて下さいね♪

関連記事