BLOG

NEXT INNOVATION

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Googleストリートビュー
  4. 【導入前に必読!】ストリートビュー撮影、店舗導入までの流れと後悔しないための準備

【導入前に必読!】ストリートビュー撮影、店舗導入までの流れと後悔しないための準備

 

こんにちは!NEXTちゃんです📸❤️

この記事は、

・ストリートビューは店舗にどうやって導入するの?
・どこに頼めばいいの?
・自分でも撮影できる?
・業者に頼むとしたらどこがいいかな?
・撮影当日はどんな準備をしておけばいい?

といった疑問をお持ちの方に向けて、

導入までの流れと業者選びのポイント、後悔しないための撮影当日までにしておくべき準備のチェックリスト

を用意しました。

特に、ストリートビュー(店舗版)の撮影前準備のチェックリストは必見です!

これまでに、飲食店・美容室・接骨院・サロン・学校などなど、多種多様な業種のストリートビュー撮影の現場を3,000回以上経験してきた私たちだからこそわかる「これをやっておかないと後悔するかも・・・」といったリアルなチェックリストをお伝えできるかと思います。

それでは早速いってみましょう〜✨

ストリートビュー撮影(店舗版)の導入手順

ストリートビュー撮影(店舗版)の導入を検討しているのであれば、まず初めに、

自分で撮るか業者に依頼するか決めましょう

ストリートビュー(店舗版)を導入するには、自分で導入する方法と業者に依頼する方法の2つのパターンありますが、オススメは業者に依頼してしまう方法です。

撮影は自分でも確かに可能ですが、専用カメラとその備品を購入しなければならなかったり、Googleの規定通りの加工をする手間や、画質の悪さによる逆PR効果などを考えると自分で導入するのはコスパがかなり悪いです。

参考までにこちらの記事では自分で撮影する方法とその際の注意点について書いています。

ストリートビューの撮影業者を選ぶ

さて業者に頼む際の業者の選び方ですが、まず下記3項目が最低限の基準です。

・Google認定フォトグラファーの在籍の有無
・撮影実績が1000件以上あるか
・Google撮影ガイドラインに沿って撮影を行なっているか

ここの基準をクリアしていない業者への依頼はリスクが高いと言えます。

仕上がりに差が出ることはもちろんですが、Googleストリートビューは掲載後でもGoogleの基準に達していなかった場合、容赦なく削除されてしまうからです。

その場合の料金に関しても、業者からの返金があるかないかは不明です。

(実際にこのような被害に遭われた後、弊社にご依頼くださったオーナー様もいらっしゃいました。その方の場合は、返金もされなかったそうです。)

また業者を選ぶ際には契約前に下記の質問をしてみると良いかもしれません。

・カメラは何を使用しているのか?
・実際に導入した店舗の仕上がりの実績
・Googleマイビジネス 導入のサポートの有無
・明確な撮影料金

まず360°カメラで撮影するとのことでしたら辞めた方がいいでしょう。

仕上がりにこのような差が出ます。

集客のために導入するストリートビューなのにこれでは逆PR効果になりかねません。

このような差は実際に導入した店舗様の実績を確認してもわかるかと思います。

同じような業種の店舗様の導入実績を見せてもらい、仕上がりを確認しておけば「イメージしていたものと全然違う・・・」と言った乖離が生まれにくくなくなるので導入前に必ず見せてもらうようにしましょう。

また、全てのストリートビュー(店舗版)はGoogleマイビジネス というGoogleのビジネスページを使用して公開されています。

Googleマイビジネス をしっかりと構築して運用していくことをMEO対策だったりローカルSEO対策と言うのですが、このGoogleマイビジネス ページの使い方まで教えてくれる業者だと安心ですね!

Googleマイビジネス では新着情報やクーポン発行、チャット機能などもついているのでここを使いこなすだけで最近集客力の落ちてきたネット媒体への有料課金が必要なくなった!と言う店舗様もこれまでに多数いらっしゃいましたよ。

MEO対策に関する詳しい記事はこちら💁‍♀️

撮影料金に関しては、多くの撮影業者は店舗内の広さに準じた”撮影ポイント数”によって料金プランを用意しているようなので撮影前に明確な金額をしっかりと確認しておきましょう!

契約料の相場は5万前後、撮影費の相場は撮影場所1ポイントにつき1万円程ですが、パノラマ写真を撮るためには最低3ポイントは必要になるので、全体の相場としては最低8万円。多くの場合10万円〜かかることが多いようです。

他、加工時の別料金などの有無なども予め確認しておきましょう。

NEXT INNOVATIONではポイント数無制限¥25,000で撮影可能なので、ぜひ他の業者様と比較してみてくださいね。


>>>NEXT INNOVATIONのGoogleストリートビュー(インドアビュー)は¥25,000!?

このような基準で撮影業者を選んだ後はいよいよ撮影ですね!

まずは撮影から掲載までの一連の流れをざっと把握しておきましょう。

撮影から掲載までの流れ

STEP1:申し込み

業者を決めたら撮影の日程を決めましょう!

広さにもよりますが大体の店舗様は1時間〜1時間半あれは撮影から説明まで完了します。

(2フロア以上の場合それい以上かかることもあります)

なので、1時間〜1時間半を撮影の時間として開けられる日時で撮影業者と日程調整して申込みをしましょう!

許可をいただいていないお客様の映り込みは基本NGなので、どうしても時間が取れなく映り込んでしまった場合はぼかし加工等行う必要があり、見栄えも悪くなる上に別料金が発生する可能があります。

STEP2:Googleマイビジネス ページの準備

Googleマイビジネス の新規登録又はオーナー登録には最長で2週間程かかるので、登録がまだの店舗様は契約した業者の指示に従って準備を進めておくと、掲載までスムーズに進めることができます。

STEP3:店舗撮影

撮影時間は前述の通り、1時間〜1時間半程で完了します。

当日がもし雨だったり、店内が暗くなってしまっていても基本的に業者に頼んだ場合は、色彩や明るさ調整までかけてくれるので心配ないはずです。

(弊社は行いますが、他社に依頼する場合は念のため契約前に確認しておきましょう)

STEP4:写真の加工とGoogleマイビジネス への紐付け(登録)

撮影したデータを一度持ち帰り、Googleの規定通りに写真を加工して繋ぎ合わせ、掲載準備に取り掛かります。

STEP5:掲載開始

加工後のデータを業者がGoogleに提出し、問題なく審査が通り次第、店舗のマイビジネス ページに掲載が始まります!

楽しみですね✨

尚、掲載は弊社の場合通常であれば撮影から1週間程度で完了となります。

こちらも業者選びの際に聞いてみるといいかもしれませんね!

※但し、たまたま運悪くGoogleのアップデートなどと重なってしまうと、どこの業者でも2週間程かかってしまう事もありますが、頻繁に起こることではありませんのでそこまで気にしなくても良いでしょう。

さて、続いては掲載後に後悔しないためにオーナー様自身が行っておくと良い、撮影当日までの事前準備のご紹介です!

Googleストリートビュー撮影(店舗版)後悔しないための事前準備

事前準備その1:店内をしっかりと片付けておく

当たり前かと思われるかもしれませんが、実際に現場に行ってみると片付いていない店舗様も結構あります。

皆さん忙しい中時間を捻出して撮影日程を組んでくださるため仕方のない事ですが、これから多くの方が見てくださるストリートビューです。

(ストリートビューの閲覧数は大体、通常の店舗写真の3倍伸びます)

しっかりと片付けておきましょう!

又、その際忘れてはいけないのが、360°の写真だってことです。

写真のように一方向だけ撮影する場合と違って360°全方向映りますので、余計なものはバックヤードに隠しておきましょう。

事前準備その2:移り変わりのある商品のフライヤーを貼らない

オーナー様としてはフライヤーなどを写してお客様に見てもらいたいと思うかもしれませんが、時間が経ってから消して欲しいと言うご連絡をいただくことが結構あります。

季節性のものだったり変動の可能性のある商品やサービスに関する張り紙は剥がしておくことをお勧めしています。

後から消すには再撮影や加工、Googleに再度登録料を支払う必要があるため余計な出費が増えてしまいます。

事前準備その3:シーリングランプ等の動きのあるものは止める

こちらは直前で大丈夫ですが、シーリングランプなどの動きのあるものは撮影前に必ず止めましょう。

ストリートビューは360°ぐるりと一周の写真を撮って繋ぎ合わせて制作しています。

店舗内に動きのある物が存在していると残像として残ってしまい、見栄えが悪くなってしまいます。

事前準備その4:カーテンと照明で印象に拘る

ここからはエステやリラクゼーションサロンの店舗様で、更に拘るなら・・・というプラスアルファのポイントとなります。

カーテンの開放の有無や使用する照明によって

・温かみがあってリラックス出来そうなイメージ
・スッキリと開放感があるイメージ

等、印象付けたい店舗内のイメージを演出することができます。

例えば下のストリートビュー(店舗版)を見比べてみてください。

・エステスクール&サロン ラレ 様

エステスクール&サロン ラレ 様のストリートビュー(店舗版)では、カーテンを閉め、暖色系のライトを使用することによってより温かみのあるリラックス空間を演出しました。

詳しい店舗情報はこちら

 

・エステティックサロン Meetite 様

エステティックサロン Meetite 様のストリートビュー(店舗版)では、カーテンを開けて、開放感がありスッキリとした印象をを与えるように演出しました。

詳しい店舗情報はこちら

 

このように、カーテンとライトに拘ることによって店舗のイメージを演出できるので、ストリートビュー撮影の当日までに閲覧してくれる見込み客様に対してどのような印象を与えたいのか?決めておくことをお勧めします。

以上、Googleストリートビュー撮影、店舗導入までの流れと後悔しないための準備をお伝えしました!

ストリートビューは維持費がかからないランニングコスト0円の集客媒体でもあります。

一度撮影すればずっと無料で使用し続けることのできる店舗の資産になるので、撮影当日までに店舗内をなるべく片付けて綺麗整え、ライトなどの演出などもできる限りこだわってみてくださいね!

関連記事